【誕生日、クリスマスプレゼントにも!】年少4歳児&年中5歳児におすすめ!早大卒が子供の頃に夢中になった絵本たち。

道徳性や善悪、思考力が芽生え始める年少や年中は、絵本をたくさん読んであげたいですよね。

でも、「本がありすぎて、どんな絵本を買っていいのか分からない…」ってこと、ありませんか?

その結果、本屋で適当に本を買ったらイマイチな内容で、結局1回しか読まなかった、とか。あるあるですよね…。

子供の本って1冊1,000円くらいはするし、そうなっちゃうと本当にもったいなくて、益々読み聞かせをする気もなくなってしまいますよね。。

 

ですが、そんな時でも頼りになる、「年少4歳児&年中5歳児におすすめ」をご紹介したいと思います!

 なんでその絵本がオススメなの?

その絵本たちがオススメな理由。それは、

「私の友人たち(主に早大卒)に、直接小さい頃読んでいた絵本をアンケートを取ってみた」からなんです。

 友人たちは、早大卒なだけあって頭も良いし、人格も思いやりに溢れる素晴らしい人たちばかり。

その友人たちが幼いころ読んでいた本なんです。適当に本屋さんで絵本を買うより、ずっと良い本に出会えると思いませんか? 

絵本を紹介する前に!読み聞かせをする際、絶対に整えてほしい環境

絵本を紹介する前に…絵本を読み聞かせするときに、絶対に整えてほしい環境があります。

それは「子供自身が、本を選べる環境にする」ということなんです。

強制せず、子供に好きな本を選ばせることで、子供は読書は楽しいものなんだ!と認識していきます。

ですので、本を買ってあげる際には1冊だけを買うのではなく、予め何冊か読んでほしいものを買っておいて、その中から子供自身に好きなものを選ばせる、という方法がおススメ。

 色々なジャンルの本を置いておき、子供が自由にいつでも好きな本を読める環境、というのが読書好きな子供にする秘訣ですよ!

 

それではここから、「私が調べた、年少・年中にオススメの絵本」をご紹介します!

 年少4歳児&年中5歳児におすすめ!早大卒が子供の頃に夢中になった絵本たち。

こんなこいるかなシリーズ

こちらは1986年からNHKで放送されていた、短編アニメーションです。見たことある方も多いのでは?いやだいやだのやだもん、こわがりやのぶるるなど、個性豊かなキャラクターが12人出てきます。

ちょっと幼めな本ですが、うちの子は4歳ですが、今でも大好きでよく読まされます。

12人の中に自分と似た部分や友達に当てはまる部分が見えてきて、子供に、自分の個性を大事にすることや他人の個性を認めてあげることを教えるには、最適な本だと思います。 

こんなこいるかな 〈新装版〉 全12巻

こんなこいるかな 〈新装版〉 全12巻

 

 ②はじめてのおつかい

筒井頼子さん、林明子さんコンビの1977年発売のロングセラー絵本です。

5歳の女の子、みいちゃんが初めてのおつかいに行く話。細かな描写と温かい絵で、子供は感情移入しやすいようで、一緒にハラハラしたり、応援したりが親子で楽しめる本です。

転んでも泣かないで立ち上がるみいちゃんの姿に親も泣いてしまいそうですが、それ以上に、子供自身がみいちゃんを通じて成長できる、そんな1冊になっています。

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

 

ぐりとぐらシリーズ

こちらも1967年初版のロングセラー。

野ねずみの双子、ぐりとぐらが、カステラを作ったり、かぼちゃ料理を作ったりと素朴なストーリーです。絵が可愛くて、文章のテンポが良いのでうちの子も大好きです。

森の動物たちと食べ物を分け合って食べる様子は、子供に、食べる楽しみや分け合うことの大切さを教えてくれますよ。 

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

 ④ノンタンシリーズ

こちらも定番、ノンタンです。私も大好きだった絵本、うちの子も大好きです。

ノンタンはいたずらっ子なところがあり、完璧な良い子ではないのですが、うちの子はそこが気に入っているようで、ノンタン、ダメだよね~、ノンタン、ちゃんと順番守らないと!と色々学んでいるようです。反面教師?的な?笑

ちなみに、ノンタンの妹、タータンは耳が聞こえません。

まだ子供に障害を教えてもあまりピンときていないようだけど、世の中には耳が聞こえない人もいるということを教えるようにもしています。 

ノンタンいもうといいな (ノンタンあそぼうよ)

ノンタンいもうといいな (ノンタンあそぼうよ)

 

 ⑤おおきなかぶ

こちらはトルストイの名作絵本。うんとこしょ、どっこいしょのところは子供も大好きで、よく読んでと言われます。語感も良く、みんなの協力や努力を以て物事が運ぶ、という点が子供にも分かりやすいですよね。

ただ一つ、注意点があります。

私もたまたま福音館書店(絵本で有名な出版社)の冊子で知ったのですが、昔からの名作と呼ばれるものは安易に手を出さない方が良いらしいのです。なぜかというと、同じ物語でも様々な絵本があり、良い本と悪い本があるからだとか。悪い本の中には物語がすっかり変えられているものもあり、注意が必要だそうです。

その点、こちらのおおきなかぶ福音館書店のものなので、安心して読めますよ! 

おおきなかぶ

おおきなかぶ

 

 ⑥きょだいなきょだいな

あったとさあったとさ…とはじまる、リズミカルな語感が印象的な絵本。スケールの大きな絵本で、子供の想像力を広げるには最適な絵本です。覚えやすいので子供と一緒に音読するにもおすすめです! 

きょだいな きょだいな (こどものとも傑作集)

きょだいな きょだいな (こどものとも傑作集)

 

⑦あさえとちいさいいもうと

お母さんが買い物に行っている隙に小さい妹がいなくなってしまって、おねえちゃんが探しに行く話。(見つかりますよ!)

子供だけを置いて買い物に行くとか、道路で遊んだりとか、昭和の話なので今の時代にはそぐわない、という意見もあります。

が、今の時代には体験できないことや、自分では体験できないこと(妹がいなくなるとか)を、追体験出来るのが絵本の良いところだと思うので、うちでは読んでます。

妹がいなくなってどうしようと思う気持ち、妹を大切に思う気持ちが痛いほど伝わってくる、傑作な絵本です。 

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

 

 ⑧さっちゃんのまほうのて

小さい頃読んだ方も多いかと思いますが、右手に障害がある(右手の指がない)さっちゃんのお話です。小さいながらも、障害に傷つき、受け入れ、立ち上がるさっちゃんに親の方が涙腺崩壊…。

子供はまだちょっと障害を理解しきれていないですが、子供に思いやりや優しさを教えるには最適の本かなと思って、読むようにしています。

さっちゃんのまほうのて (日本の絵本)

さっちゃんのまほうのて (日本の絵本)

 

 ⑨図鑑

小さい頃、図鑑を読んだという人も多かったです!

図鑑は最新のものがおススメですが、その中でも今人気があるのが小学館のNEOシリーズ。うちの子も持っていますが、DVDもついているので読みやすいらしく、ずっとページをめくっています。 

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)

 

 

初めまして♡

初めまして。luckymamaと申します。

私は地元の東北地方在住、2児(4歳幼稚園児と1歳保育園児)の母です。

 

突然ですがあなたは、お子さんにどこの大学に入ってほしいですか?

もちろん子供自身が行きたいという大学に行くのが親としても一番嬉しいことですが…

 

でも私は、希望を言うならば…自分が早稲田大学卒業なので、自分の子供も早稲田大学にいってくれたら良いな~!と思っています。

なぜならとても楽しかったし、その後の人生も、とても豊かにしてくれているから。

持論ですが、早稲田に入るだけの実力と運があれば、その後の人生、自立し、たいていうまくいくんじゃないかなと思いますし笑

 

ただ、これは私の個人的な意見ですが、難しい大学に入るには、親が割と小さな頃から子供の教育に関わる必要があると思うんです。

でも、ネットを見れば情報だらけで、何が良いのかよく分からない。

しかも、子供1人大学をだすのに1,000万円かかるといわれる時代…。

 

そんな時代だからこそ、本当に効果的なものを効率的に、なるべく経済的に、コスパ良く十分な教育をしてあげたいと思いませんか?

要するに、親も楽して、効率的に、お金をかけず、子供を早稲田にいかせたいw

 

そのために親である私が、色々な情報を勉強してみようと思いつきました。

 ここでは主に

・なるべく親の手をかけずに、効率的に教育をしたい

・自立した大人になるための教育法を知りたい

・なるべくお金をかけずに教育をしたい

・早稲田にいった人たちは、どんな勉強をしていたのか知りたい

・などなど、その他教育関係いろいろ

 

など、今私が知りたい!と思っている、子供の教育情報を勉強し、実践してみて、良かったものを、このブログを読んでくださる方がいれば、シェアしていきたいと考えています。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。